東京での中絶は精神的にサポートが必要です。

  • 東京での中絶は精神的にサポートが必要です。

    • 中絶という言葉のイメージだけを捉えれば決して良いものではないと思います。

      どんな事情があるにせよ推奨されるような行為ではないでしょう。とはいえ、生まれてくる赤ちゃんのための準備がちゃんとできない状態で無理に出産を行っても、それはそれで幸せな結果には繋がらないことも多くあります。ですので中絶をするにせよ産むにせよ、しっかりと後先を考えて行動しなければなりません。

      もちろん妊娠にかかわる行為そのものをちゃんと考えたうえで行うべきではあるのですが。実際に中絶を行うとなった場合は費用や手術への同意、術後の身体的、精神的なケアなど、考えておくべきことはたくさんあります。


      どうしてもまず一番に直面する現実的なものとして費用、お金のことばかりが気にかかってしまいがちですが、妊娠・中絶による母体への身体的影響は軽いものではありません。

      本人が一番気を付けるべきことではありますが、周囲の支えがとても大切です。



      精神面においても同じく、罪悪感に苛まれてうつ症状を示すような女性も少なくはないのが実際のところです。


      女性自身の問題であるにせよ、家族や周りの方の問題であるにせよ、しっかりと精神的なケアも視野に入れておくべきでしょう。
      中には犯罪に巻き込まれてしまった結果望まない形で妊娠してしまい、やむなく中絶という判断をする場合もあると思います。



      犯罪被害と中絶、本人の心の痛みは他人には決して図りきれないものです。相手を気遣って小さなことにも気を付けて、支えてあげましょう。

      東京の中絶の情報をあなたにご紹介いたします。

  • 関連リンク

    • 東京における人工妊娠中絶の実態は、現実的には把握することができません。都道府県優性保護審査会から、指定医から、厚生労働省に届け出る中絶件数は、年間30万件前後といわれていますが、これは実数ではなく、見届け数や闇中絶を加えると、年間300〜500万件ともいわれています。...

    • 中絶は、平成5年度に比べ約67、000件以上減少していますが、東京や神奈川、愛知などの大都市圏よりも北海道や東北地方、中国地方、四国地方、九州地方の方が多い事が判っています。中絶は、若い20代に多い傾向は現在も変わりありませんが、日本で最も20代が多い東京よりも人口減少が心配される中国地方や九州中国地方の地方都市の方が件数が多く、東京を含む東日本よりも西日本の方が中絶の件数が非常に多いとされています。...